プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル旅行記 7 -エルサレムへ-

 史の中で、エルサレムほど繁栄と衰退を繰り返してきた都市は他にないだろう。その都市の本来の意味、「平和」とは裏腹に、この都市は幾たびも破壊され、征服され、その度に瓦礫の山の中から新たな都市が立ち上がり、地図を塗りかえてきた。そのためか、古代にこの地を征服した王国の輪郭は、不透明であり、発掘調査から得られる情報は実に乏しい。

 はじめにこの都市の名が歴史の中に登場するのは約4000年前。創世記にはサレムの王・メルキゼデクがアブラハムを祝福したとの記述がある。その後、古代エジプトの支配下に入り、イスラエル人によるカナン征服まで続くことになる。エルサレムが繁栄を極めるのは、ダビデ王・ソロモン王の時代、紀元前1000年ごろである。特にソロモン王の治世中には、「美しさの極み」とも呼ばれ、遥か南方のシェバの国から女王が訪れたとも言われる。

 その後、バビロニア帝国及びローマ帝国による征服と破壊を経験し、西暦7世紀以降はイスラム勢力の支配下へと入る。現在にまで残るエルサレムの城壁の殆どは、西暦7世紀以降に建設されたものである。

Jerusalem from outside
エルサレムへ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。