プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル旅行記 -ベエル・シェバ-

 ルアビブから南下すること約1時間半。ベエル・シェバと呼ばれるイスラエル南部最大の都市が姿を現す。人口約20万人の商業都市であり、聖書中にもたびたびその名が登場する。ヘブライ語聖書にはアブラハムの家族が3代にわたってこの地に住み着いたこと、また後にイスラムの語源ともなるアブラハムの子・イシュマエルがベエルシェバの荒野を彷徨ったとの記述がある。

 ベエル・シェバには主だった観光地は少ない。旧市街と呼ばれる地域も歩いて回れる大きさであり、その周囲には永延と住宅街が広がる。テルアビブに比べ若干物価が安いせいか、近年大量に人々が流入してきており、あちこちで建設工事が進んでいる。しかしながらイスラエル南部の町々とテルアビブの中継地点に位置するためか、鉄道や中央バスステーションは常に人でいっぱいだ。観光客がこの地を訪れるとすれば、それはおそらくネゲブ砂漠へ入る準備地点として利用するためだろう。

 ベエルシェバ中心部から7キロほどの地点に、テル・ベエル・シェバと呼ばれる遺跡が残っている。小高い丘の上にあり、規模はさほど大きくはない。しかしイスラエルの歴代の王が統治した時代の非常に古いものであり、2005年には聖書の丘として世界遺産に登録されている。展望台からは、ベエル・シェバ周辺の草原地帯がきれいに見渡せる。近くでは非常に古い井戸が発見されており、創世記21章の記述に基づいて「アブラハムの井戸」と呼ばれている。

Tel Beer Sheba
Tel Beer Shebaの遺跡群

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。