プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で思ったこと

 かい日本旅行記をつけるのは、もう面倒なので、簡単に日本で感じたことを書いていこうと思う。つまり、わたしが日本の良いと思った点と居心地の悪かった点、ということだ。

 まずはPositiveな話。日本は、とにかく料理がおいしい。どこにいっても、おいしいと思うのは私が単に日本育ちなためだけではないと思う。飲み屋に行っても、西洋料理店に行っても、伝統的な日本食料理店にいっても、とにかく値段以上の質のものが、最高の接客サービスと共に楽しめる。しかもTipを払う必要はないし、税金も値段に含まれているので、会計の際、なんだか得した気分になれる。日本人ほどグルメな国民も、そうはいないだろう。
 次は、日本の清潔さと、環境意識の高さだ。東京は、大都市にも関わらず、ごみひとつ落ちていない。もちろん、シカゴもかなり清潔な都市だと思う。それでも、地域格差はあるし、アメリカ人は通常、ゴミの分別など一切しない。タイ、インド、中国、メキシコ・・・私がかつて訪れた国々と比べても歴然とした差がある。環境目的で、エアコンの温度調整をしたり、とにかく個人個人が環境保護のために何が出来るのか、日本人は徹底的に刷り込まれている。
 最後は、やっぱり治安。自転車の鍵をかけなくても盗まれる心配をほとんどしなくて住む国はそうないと思う。シカゴでは、鍵をかけていても盗まれる。私は以前、自転車ばかりか車も盗まれた。日本にも、夜間に爆音を放って道路を走り回る珍走団と呼ばれるティーンエイジャーの集団があるらしいが、銃器を所持していない分、アメリカのギャングに比べればかなりマシだと思う。

 さて、次は私にとって居心地の悪い点。
 まず、何もかも狭い、小さい。道路の幅があまりに狭くて、車はほとんどスピードを出せず、まるで自転車のような速度で走らなければならない。家は面積だけでなく、天井があまりに低い。コップなど食器類もとにかく小さい。洗面器の高さも異様に低い。そしてなぜか、風呂場がしゃべる!キッチンもしゃべる。いちいち温度を丁寧に表示してくれる。何もかも、うっとうしいほどハイテクだ。これはいいのか、悪いのか。
 次は、形式化された礼儀正しさ。お辞儀や敬語。使い方を忘れたわけではないが、わずらわしい。接客される分には、礼儀正しさは気分の良いものだが、自分も強要されるとなると、やはり息苦しい。いらっしゃいませの大合唱も耳障りだ。日本で働くのは、かなりのストレスになるとは思う。
 最後に、民族的な偏り。基本的に日本には日本人しかいない。したがって考え方や人生観が酷く偏っている。そして宗教への理解が極端に低い。アメリカは移民の国だけあって、様々な人種・民族の人々と話す機会があるが、日本にはそれがあまりない。以前にも書いたが、日本人が何を根拠に倫理基盤を築いているのか、理解に苦しむ。無神論やニヒリズムに傾倒しているわけでもなく、宗教心があついわけでもない。人目を気にするのか、習慣や伝統行事を守るという点では妙に保守的な面もある。不思議な人々だ。

 以上が、私が今回感じたことだ。10年以上日本に住んでいたとは思えないほど、日本は私にとって外国の地になってしまった。結局、私はアメリカでも日本でもアウトサイダーなのだと思う。

箱根 
City of Hakone

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。