プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地へ

 外はすっかり暗くなっていた。AmberFortからホテルへ戻った私は、埃だらけの体をシャワーで洗い流すことにした。インドではホットシャワーがいつでも浴びれるとは限らない。健康なときはそれでよくても、疲れきった体に冷たいシャワーはなかなか堪える。ボーイを呼んで、熱い水をバケツ一杯頼んだ。

 少し痩せたろうか。バケツの水をかぶりながら私は思った。いや、それだけでない。視力は衰える一方だし、髪もまた薄くなった。鏡にぼんやりと映った自分の顔を覗き込みながら、私はなんだか悲しくなった。5年前まで、自分が年を取るなんて想像すらしていなかった。学生時代運動部で鍛えたはずの体も、今はあまり自信がない。体力は落ちないようにとランニングだけはするけれど、デリーの汚れた空気を吸いながら長く動き回れるほど、私の体は丈夫ではなかったらしい。精神的に成熟する前に、外見ばかり衰えていく自分を見て、やるせない気分になった。

 残酷なのは、人によって老化の速度は異なるということだ。多くの日本人のように60を過ぎてもまだまだ健康に動き回れる人もいれば、過酷な環境で生活してきたゆえに、驚くほど急激に老け込む人もいる。インドや東南アジアの人々がそうだ。強い日差しと劣悪な環境ゆえに、50歳の女性が70歳近くに見えることがある。人は、必ずしも平等に同じ荷を背負って生きていくわけではない。私などまだまだ幸運なのだ。

 AmeberFortからJaipurを見渡し、私は思った。大自然の美しさは永遠だが、人間の美しさは長続きしないと。どんなに強靭な男も、美しい女性も、やがては老いて大地へと帰る。色や所属する階級に関わりなく、すべての人間に平等に死はやってくる。髪にまとわりつく水滴をタオルで丹念にふき取った後、わたしは枕に顔をうずめて、深い眠りに落ちた。


Taj Mahal and old ladies

Comment

No title

こんにちは、はじめまして。

コメントありがとうございます! 無事に出発できることになりました! 国境で、薬の多さをとがめられなければ、ということですけども。
*日本でも警察には随分いやな目にあっていて、なおさら外国なので、国境が一番緊張しそうです。

インドは来年10月到着予定で、最後の国に近いのですが、そうですね、みんなが平等に時間や資源を享受してるわけじゃないのですね。。。僕も、僕なりの恵まれた環境を生かして、旅を楽しんでこようと思います!

コメントありがとうございます

> 国境で、薬の多さをとがめられなければ、ということですけども。
陸路で国境を越える際、どれくらいバックをチェックされるのかわかりませんが、
無事通過できるといいですね。

アメリカ・シカゴに滞在することがあれば是非一報を!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。