FC2ブログ
プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

王の墓

 インド旅行最終日。とうとう風邪をひいた。暖かい国で風邪をひくなんておかしな感じもするが、とにかく体が酷くうずく。関節がきしみ、朝から寒気がとまらない。一日ベットの中で過ごしたい気分だったが、そうしてもいられなかった。飛行機の出発時刻は夜中。それまでどこかで時間を潰さなければならない。私は、疲れきった体を引きずるようにしてバスに乗り込んだ。

 着いた先は、Humayun's Tomb(フマユーン廟)。ムガル帝国皇帝の墓場であり、世界遺産にも登録されている。インド旅行の初日に、欧州から来た初老のカップルから頂いた地図にもその場所が記されていた。入場料Rs250を支払い、中へと進んだ。

 疲労が頂点に達していた私には、悠長に鑑賞を楽しむ余裕など残っていなかった。入場ゲートを超えるなり、私は芝生の上にショルダーバックを枕にどさりと横になった。他の観光客にどう見られるかなど、もうどうでもいい。重力が私の体を大地に縛りつけた。ただの一歩も動く気力すら残っていない。木漏れ日を浴びながら楽しげに飛び跳ねるリスたち。その先には、暗紅色の美しいイスラーム式建築物がぼんやりと見える。

 -あれが、王家の墓場か。随分立派な墓を造ったものだなあ。歴史から忘れ去られることを恐れた皇帝が、永遠を求めて巨大な墓を建てる。人間の考えることは、どの国でも似たようなものだ。

Humayuns Tomb
Humayun's Tomb;Symbol of the King's Power

Comment

No title

体調大丈夫でしょうか??

お大事にしてください!

*シカゴですが、東南アジア、南米を回って帰国、4月に四国遍路をやります。アメリカはそのあと行く予定ですが、まだどこを通るか決めてません。

また決まったらお知らせいたします!!

No title

ありがとうございます。
このブログは現在進行形のことを書いているわけではないので、
今はもう大丈夫ですよ。
旅行が終わった後に、忘れないように日記を元にブログを書いています。

旅行、楽しんでください。
非公開コメント