プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NATOデモのゆくえ② 行進開始

 午後2時9分。Jackson Dr.を西へ、Protesterたちがゆっくりと動き始める。実際に行進が始まって、彼らのサインボードを見てみると、実に多種多様な主張が入り乱れている事がわかる。行進の先頭に立つのはアフガン・イランで戦った退役軍人からなる軍服を着たデモ隊だ。戦争で得たメダルは返上したい― 数人の退役軍人たちがメダルを投げ捨てた。

 「NATOはいらない!」「戦争反対!緊縮反対!」その他にもフィリピン人団体と思われるグループからは「アメリカ軍はフィリピンから出て行け!」と掛け声があがった。キューバ人グループは「経済封鎖に終わりを」の横断幕を掲げ、最後尾を歩く環境団体は「War Is Not Green(戦争は環境を破壊する)」と声をあげた。「STOP KILLING!」パキスタンの政党PTIのメンバーも参加し、パキスタン国内でのアメリカ人による無人偵察機の使用に怒りをあらわにした。

 相当数の警察が道路の両サイドに立ち、Protesterたちを見守っていた。最後尾にも大型パトカー、そして自転車警備隊がはりついている。ゲイリー警察本部長によると警察は通常の15%増し。休日返上で12時間勤務に当たるという。

Protesters 02


警官とProtests

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。