FC2ブログ
プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

悪魔は存在するか

私が、報道にはじめて関心を持ったのは、たしか2004年、新聞で国連PKOの司令官としてルワンダで働いたロメオ・ダレール氏のインタビューを読んでからだった。隣人と隣人が殺しあう大戦後最悪といわれる人道危機の中で、ツチ族虐殺を止める為に奔走した当時の事を語っていた。正確に彼が何を言っていたか良く覚えていないのだが、インターネットで彼のインタビューの一部を発見したので紹介したい。

ちなみにこの心優しいPKO司令官は、虐殺を止められなかった自責の念とトラウマから、後に自殺未遂を起こし、公園で昏睡状態となって発見された。

And so I asked Bagosora, I said listen, let me meet these guys, let me negotiate with them, because he was doing it, or the chief of staff of the army was doing it and I kept getting it second hand or third hand. I said, "I'll meet with them and we'll talk face to face and then we'll sort this out, hopefully."
So Bagosora established a couple of these meetings, but the first one was in the Diplomat Hotel that had been partially bombed out, that was used as the extremist headquarters in Kigali. … Bagosora brought me and there were these three guys, three Rwandans, one tall, one medium and one smaller who stood up when I entered. Bagosora introduced them and as I was looking at them and shaking their hands I noticed some blood spots still on them. And all of a sudden they disappeared from being human. All of a sudden something happened that turned them into non-human things.
I was not talking with humans, I literally was talking with evil, personified, maybe in those bodies and in those eyes. But they weren't human. And what was coming out of their mouths wasn't human. They were so proud of now being into discussions with the general from the U.N., and that gave them great personal prestige, and they were [elated at] this situation that they found themselves in. But everything that was coming out was not words of a human negotiating or discussing, it was evil blurting out their positions and their arguments. I didn't see humans anymore, I was totally overcome by the evil. These three guys just brought it into reality, brought evil into reality and by my religious background, the only way I could qualify that was being the devil. That son of a bitch had come on earth, in that paradise, and literally taken over. And these three guys were the right hand people of Lucifer himself, Bagosora. And I couldn't shake that.
… My instinctive reaction had me starting to pull my pistol, because I was facing evil. I wasn't facing humans I was facing something that had to be destroyed. … It even became a very difficult ethical problem. Do I actually negotiate with the devil to save people? Or do I wipe it out, shoot the bastards right there? I haven't answered that question yet. What if I'd killed them? Objectively their structure was such that if I'd wiped out these three guys the structure would have sustained itself and then I would have put the whole lot of us in guaranteed danger of being wiped out. But for a long time I felt that I wouldn't have been killing humans, I would have been actually destroying the devil.



(和訳)

それで私はバゴソラに尋ねたんだ。聞いてくれ、そいつらにあわせてくれ。私が彼らと交渉するってね。なぜって彼らがそれをやっていたのだから、もしくは彼の軍の中の誰かが。私が彼らと会う、彼らと直接話をする。そして、できることなら、この問題を解決してみせる。

バゴソラは幾つかのミューティングを計画してくれた。でもはじめの会議場所はキガリで過激派の本部として使われていた外交官ホテルだった。ところどころ爆撃されてたがね。バソゴラは私を連れて行ってくれて、3人の男を紹介したんだ。はじめのやつはのっぽで、もう一人は中くらいで、もうひとりは小さなやつだったな。それで、彼らを見て、握手しようとした時、やつらのシャツにまだ、飛び散った血の跡があるって気づいたんだ。その時だった。やつらはもう人間ではなくなっていた。突如、“人間ではない何か”に変わったんだ。私は、人間と喋ってるのではなかった。何か悪を具現化したもの。目や体はあっても、もはや人間ではなかった。やつらは、わざわざ国連から大佐がおでましだって誇らしげな顔をしていたがね。やつらが話す何もかも、もう人間の言葉じゃなかったんだよ。もう人間はどこにもいなくなっていた。私は完全に、その邪悪な何かに打ち負かされていた。連中は現実世界に邪悪なものを連れ込んでいた。つまり、わたしの宗教が悪魔とよぶものをね。この畜生どもは地上のパラダイスにやってきて、文字通り、征服しちまった。こいつら3人はルシファーの右腕で、ルシファーはバゴソラ本人に他ならなかった。握手なんてできなかったよ。

直感的に、ほとんどピストルを抜きそうになった。なぜって私は悪魔と対面していたんだ。人間と話していたんじゃない。今すぐに破壊しなければならないもの。こいつは倫理的に非常に難しい問題だった。ルワンダの人々を救うため、私は悪魔と交渉しなくちゃあいけないのか?もしくは連中の頭をこの場で今すぐ撃ちぬくべきなのか?正直、いまでもまだ分からない。もし連中を殺していたなら?客観的にいって、もしその時、やつらを撃ち殺していたら、私たちが殺される危険があった。だがね、わたしは人間を殺そうとしていたんじゃない。実際、私は悪魔と戦っていたんだ。

英語原文:
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/shows/ghosts/interviews/dallaire.html

Comment

ロメオ・ダレール

アフリカについて学んでいます。『SHAKE HANDS WITH THE DEVIL - THE FAILURE OF HUMANITY IN RWANDA』を読みました。

>直感的に、ほとんどピストルを抜きそうになった。

緊迫感のあふれるインタビューですね。
ブログでの紹介、和訳に感謝です。

Re: ロメオ・ダレール

昔の記事なのに、コメントありがとうございます。
ルワンダの大虐殺には幼いときから興味がありました。

最近、日本語訳も出たということでどう訳しているのか気になるところです。

またのお越しをお待ちしております。
非公開コメント