プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の表現能力

 はじめてダンスパーティに行ったとき、黒人の圧倒的なリズム感にただただ感心したのを今でも覚えている。サルサ、メレンゲ、その他ヨーロピアンの音楽のときに踊っていた人々が、ビートの利いたブラックミュージックがかかり始めるや否や、サッと身を引きガタイの良い黒人の男女が踊り始める。たとえ入りたくても他人種を寄せ付けない圧倒的な迫力がそこにある。

 彼らは、他人種に類を見ない黒人独特のリズム感に誇りを感じている。もちろん、黒人だからといって皆が皆リズム感に富んでいるわけでもダンスがうまいわけでもない。しかし、ダンスのうまくない黒人を「あいつはブラックじゃない」と言ってしまう程、彼らにとってリズム感は黒人のアイディンティティの核となっている。逆に肌の色が明るくとも、リズム感のある子に対しては「あの子はブラックだ、リズム感があるから」と言ったりする。

 音楽に合わせて体を動かしたいというのは、自然な欲求で基本的な自己表現の手段だ。日本人は結婚式でも、パーティでもあまり踊らないが、アジア以外の諸国では、喜びを音楽と共に体で表現するのは実に自然なことだ。ダンスだけではない。人間は複雑な思考回路をもつが、それだけ自己表現の手段も多様だ。音楽、ダンス、絵画、詩や文学…すべて、自分を表現したいという基本的な欲求が元になっているように思う。

 そういった表現力も極めれば、ほとんど超人的な域に達する事ができる。ミュージシャンや画家に限らず、サーカスや大道芸人など、彼らの演技を見る時、人間の表現力の素晴らしさに、努力を積み重ねれば人間でもここまでできるのかと感動することがある。

 とくにこれといった特技のない自分は、たいそれた事はできないけれど、気が向いたときに絵を描いて表現力を養ってみたりする。

メキシコの空 
                               『メキシコの空』


Comment

No title

ほっとするような、どこか懐かしい絵ですね

No title

ルソーな感じの描き方。成功した作品の一つの報酬として存在しない故郷を感じさせることがあると思うけど、この絵から何かノスタルジーのきっかけを見いだせる魅力を指摘するとしたらばそれは色彩と山、サボテンだなあ。日本人としては背後の山がまず富士山に見えてしまうのだけれど、それが逆にサボテンの存在を不思議に浮き立たせているかも。サボテンが妙な孤独感をたたえているのはのはもちろんそれがこの画面の中で一つしか存在しないサボテンでその上矮小で暗い色調であるからとも言えるけど、一番の原因は巨大な日本的なもの、つまり背後の山との対立にあるかな。ここに描かれた場所は確かにメキシコであって、そこは当然サボテンの生きていて構わない場所なのだけれど、ふと遠くを見やったときに思いもかけず日本的なものを発見してしまい自らのアイデンティティを揺さぶられてしまう瞬間。中央の周囲よりも一層輝く黄昏色の草原、そこに置かれた一群の小さな、けれど幸せそうな木々の集まりは、ちょうど山とサボテンのあいだにある。もしかしたらそこではメキシコにないもの、そして日本にもない、あるいは現実に存在しない理想郷が何者かの帰りを待っているのかもしれない。なんちゃって。

Thank you

Nonnameさん
コメントありがとうございます。
自分が描くといつも淋しい絵になります。

Kurosawakunさん
深読みしすぎな感はありますが(笑)ルソー的と言われるとは意外です。むしろ、アルフレッド・シスレーやモネのような印象派な絵を描きたかったんですが・・・ルソーも好きなので、光栄です。遠近感に欠けているから、ルソーのように見えるのかも。
メキシコに行ったとき見た記憶(大きな山が遠くに二つ、サボテン、そして黄金色に輝く原っぱ)を基にしていますが、実際に存在する場所ではないんです。お正月に一人で年越しをしているときに描いたので、どこか淋しい絵になったのかもしれません。きっとそのサボテンは自分なんでしょう。

No title

 
 ダンスパーティーに行ったなんて羨ましい。
わたしもLAに行ったときに、メキシコ系のパーティーに招待され
メレンゲ、サルサ、ボンゴなどを教えてもらいました。
ダンスが日常生活の一部になっているのがいいですね。

 ところでダンスと言語のリズムって関係していると思いませんか。
英語は2拍子というかワルツのリズムなんでしょうか?
外国人が日本語を話すとどうしてもそのリズムになってしまいます。
「わたーしのなまーえは」なんてね。
日本語は4拍子というか、盆踊りのリズムになりがちです。
「チャチャッチャチャン」

Thank you

>くじらさん

なるほど、そんな事は考えた事ありませんでした。
そういわれれば、そうかも。

日本の踊りもスパニッシュもできませんが、
シャッフルとかチャチャチャみたいのは好きですね。
体格的に、自分が踊っても、黒人のような迫力はでませんが・・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。