プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ最大の遺跡群 テオティワカン

 人類史初頭、ユーラシア大陸に住んでいたモンゴル系のある人々はベーリング海を渡り、北米地域へやって来た。そのうちのあるものは、そこにとどまり、またあるものはさらに南下を続け、現在のメキシコへとたどり着いた。そして紀元前2世紀ごろ、高度な天文学、数学の知識を持った後にテオティワカン人と呼ばれることになる人々は、高さ65メートルに及ぶピラミッドを含む、巨大な宗教都市を作り上げた。

 西暦6世紀ごろに最盛期を迎えたテオティワカンは下水設備も整えた、人口20万人を抱える巨大都市だった。当時としては、世界最大規模の都市だったのだという。しかし、西暦8世紀頃、彼らは都市を放棄しどこかへ移動してしまう。どうしてこれほどまでに巨大な都市群が突如衰退したのか、その理由は自然災害とも過度の人口増加とも諸説あるが、正確な事はわかっていない。後にアステカ人により発見され、神々の都市と称えられたテオティワカンは1987年世界遺産へと登録された。

 まず、入場ゲートをくぐってはじめ見えるのがケツァルコアトルの神殿と呼ばれる小型の神殿群。羽毛を生やした蛇ケツァルコアトルの彫像の精巧さに目を奪われる。しかし、本当に衝撃的なのは、さらにそこから2キロほど先にある、二つの巨大ピラミッド、太陽のピラミッドと月のピラミッドだ。死者の道と呼ばれる道をまっすぐ歩くとやがて大きな丘のようなものが二つ見えてくる。遠めに見るとあまり大きくは見えないが、近づいてみてそのあまりの巨大さに圧倒される。電気もガスもない時代にどうやってこれほど巨大な建造物を造ったというのか。急な階段を登って上までいく。高度のせいか妙に息が切れる。頂上からは、メキシコの盆地を一望する380度の壮大なパノラマだ。


テオティワカン 月のピラミッド上より


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。