プロフィール

STANLEY

Author:STANLEY
Sex: man
Hobby: Nationality:
Basketball, Travel,
Reading books

Asian American

◆I have ever been to
U.S(SF, Chicago, NY, Houston),Canada
Mexico,Panama,Paraguay,Argentina
Thailand,Taiwan,Japan,China,India
Australia, New Zealand,Israel

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Access Counter
Footmark
Please Click it
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米のパリ ブエノスアイレスへ

 米のパリ。広大なジャングルやアマゾン川、そして先住民族の印象が強い南米大陸にあって、ブエノスアイレスほどヨーロッパ的な都市はないかもしれない。パラグアイ・アスンシオンから高速バスで南下すること約18時間。広大な草原を超えると、ラ・プラタ川沿いに美しい近代都市が姿を現す。はるばる南米に渡ったヨーロッパ系移民が、南米にありながら、ここアルゼンチンによりヨーロッパ的な都市を築いていったのは、もう400年も前。地下鉄、バス、道路のすべてがよく整備されており、年間を通じて気候も比較的穏やかだ。物価の高さを除けば、非常に観光しやすい街と言えるだろう。

Buenos Aires

スポンサーサイト

カッパドキアと気球と。

 ルコ観光というのは、本当にどこにいっても期待を裏切らない。イスタンブールで一通りの観光旅行を終えた後、イズミル、エフェソスへと移動し、その後カッパドキアにやってきた。荒涼とした大地に生え出るようにしてそそり立つ奇岩で有名だが、聖書の中にもその名は登場し、長い歴史を持つ。朝日に照らされたカッパドキアは実に美しい。


カッパドキア

エフェソス

 リシャ語聖書の最後にある啓示の書(黙示録)。キリストが七つの会衆に訓戒を与える描写があるが、そのすべての都市はかつてトルコ西海岸線付近に存在した。エフェソスもそのひとつ。とくにクリスチャンでなくてもエフェソスの名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。2000年前のものとは思えないほど保存状態がよく、広範囲に及んでおり、当然世界遺産に指定されている。

 使徒パウロも、エフェソスで熱心に宣教活動を行ったことが「使徒たちの活動の書」に記されている。かつてはアルテミス神崇拝が盛んだったこの地での宣教は当然楽なものではなかった。エフェソスにある博物館では当時のエフェソス人の多神教の様子が展示されている。現在はイスラム教徒がこの地域の大半を占めるのも皮肉な話だ。

わたしがエフェソスで、人間がするようにして野獣と戦ったのであれば、それは私にとって何の益になるでしょうか。
‐コリント第一15章32節‐

Ephesus.jpg


トルコへ

ローマ帝国の首都、旧コンスタンティノープル。その後、ローマ帝国の陥落からオスマン帝国による再生まで、1000年以上世界の中心であり続けた都市・イスタンブール。今でこそ、テロリストの不穏なニュースが絶えないが、その歴史は奥深い。そして、雨上がりの夕日に映える旧市街は実に美しい。

Istanbul 01



入傘山

がちらつく、11月の入傘山。冷たい風を頬にうけて、登り切ったご褒美。山頂からの眺めはふるえるほどの壮観だ。
山の麓の紅葉と山頂の白雪のコントラストが素晴らしい。日本での山登りもたまにはいいかもしれない。

入傘山


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。